確定申告・記帳

2022年(2021年度分)の確定申告の期限は、4月15日まで延長決定!

延長

新型コロナウィルス感染症の影響がなかなか収まりませんね。オミクロン株になって弱体化して終息するのかと思ったら、感染は拡大するばかり。

そんな中、今年も確定申告の期限延長が決定されました!

2022年(2021年度分)の確定申告の期限は2月16日~3月15日ですが、この期間内にコロナウィルスの影響によって申告が間に合わなかった場合は、4月15日まで期限を延長することが認められます。

2022年(2021年度分)の確定申告は、4月15日までOK!

新型コロナウィルスの影響を受けて、確定申告・納税が従来の期間(2022年2月16日~3月15日)に出来なかった場合は、2022年4月15日まで期限を延長出来ることになりました。

詳細については国税庁のホームページに記載されています→【国税庁】新型コロナウイルス感染症に関する対応等について

手続きは不要

確定申告・納税の期限を延長するために手続きは必要ありません

期限を越えて確定申告を提出する場合は、4月15日までに確定申告書の余白に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と記入して提出するだけでOKです。

e-Taxの場合も、所定の場所に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」の記載を追記するだけでOKです。

詳しくは、こちらのPDFファイルに記載されています。→【国税庁】新型コロナウイルス感染症の影響により申告期限までの申告等が困難な方へ

納税の期限は提出日と同じ

確定申告書の提出を延期した場合の所得税納付期限は、確定申告書の提出日と同じ日になります。

例えば、4月3日に確定申告書を延長して提出した場合、納税の期限は4月3日です。

すみれ
すみれ
納税の準備をしてから確定申告書を提出しよう

どうしても4月15日までに納税出来ない場合は、さらに猶予期間を設けてもらえる可能性があります。お近くの税務署に電話でご相談下さい。

3月15日のe-Tax障害による延長もOK!

2022年3月15日、確定申告の期限前日になんとe-Taxに障害が発生しました。

確定申告の期限ギリギリだったので焦った人も多かったのではないでしょうか。ギリギリに確定申告をする人が多くてサーバーがダウンしてしまったようです。

このe-Tax障害によって期限内に申告出来なかった人も、4月15日までの延長の対象になります。

コロナによる延長と同様、申告書の余白に「e-Taxの障害による申告・納付期限延長申請」と書いて申請すれOKです。

コロナに負けず、前を向いてがんばろう

2022年はまだ始まったばかりですが、コロナの拡大にウクライナの戦争と、嫌なニュースが続きますね。国内も虐待のニュースなどが多く、悲しくて暗い気持ちになってきます。

病気に天災に戦争、何が起こるか分からない世界。

でも考えてもしょうがないので、私は自分の目の前にある今を大切にして、自分に出来ることをがんばろうと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA