仕事と日々のこと

持続化給付金の委託先が幽霊企業って・・。政府は税金のコソ泥集団?

手錠とお金

新型コロナウィルスで打撃を受けた個人事業主にとって、持続化給付金はとても有り難い給付金です。

でも持続化給付金を支給するために、多額の税金が無駄遣いされているという現実。

政府は国民のための税金をなんだと思っているんでしょうか。

持続化給付金の委託先は、幽霊企業

持続化給付金を支給するために必要な事務作業を、政府は民間に委託することにしたそうです。

申請内容の確認作業や振込作業に人員が必要でしょうから、民間への委託は当然かと思います。

でも、その委託先が実態のない幽霊企業(サービスデザイン推進協議会)で、そこから電通に再委託され、さらに電通から子会社に再委託されているそうです。

税金を中抜き?

幽霊企業(サービスデザイン推進協議会)に約769億円で委託した事業は、電通に約749億円で再委託され、子会社に約709億円で再委託されているそうです。

実態のない幽霊企業(サービスデザイン推進協議会)は何もせずに20億円、電通は何もせずに40億円を懐に入れているように見えます。

この件に関して野党に追及された梶山経済産業大臣の回答がこちら。↓

梶山経済産業大臣は「いろんな業務が混じっている。また、ウェブでの申請に限っているので、その中でどういう人材をどういったところに張り付けて、どういう手順を踏んで、というところで、こういう形を取らせていただいた。過去に電通が補助金・給付金の交付事務を直接受託した際に、個々の事業者に電通から公的資金が振り込まれる形になるので、受け取り者が“国の制度で応募したんだけどな”ということになり、そういう問い合わせが集中したこともあり、電通では直接受注しないことを原則としていると聞いている。それで振り込みは一般社団法人からということになって、業務はそれぞれに分けているということだと思う」と回答。

ABEMA TIMES

バブちゃん
バブちゃん
どういう意味?
すみれ
すみれ
さあ・・。何を言ってるのかさっぱりわからないよね。

梶山経済産業大臣が何を言っているのかはさっぱり分かりませんが、どうやら私達のために使われるはずの税金を、政府や政府の天下り先企業がコソッと盗んでいるといことらしいです。

これではまるで、政府は税金のコソ泥集団。

すみれ
すみれ
こんなことが平気で行われているなんて、信じられない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA