仕事と日々のこと

近づく年末、個人事業主の私は103万円の壁にハラハラドキドキ。

103万円の壁

色々あった今年(2021年)もいよいよ、年末が近づいてきました。パートや個人事業主として働く主婦の方は、そろそろ103万円や130万円の壁を意識する時期ですよね。

※103万円の壁について詳しくはこちら↓

家族
扶養控除とは(税金と社会保険)「税金(所得税・住民税)の扶養」と「社会保険(健康保険・年金)の扶養」の違いなど、扶養控除についてまとめました。...

私は今まさに、103万円の壁を意識してハラハラドキドキしています。

恐怖!家族手当の返還

私は個人事業主です。昨年は収入が少なかったので、今は夫の扶養家族です。

我が家の家族手当

夫の会社では、とても有り難いことに扶養家族の妻に対して家族手当が支払われています。

その金額は、1万8,000円/月額。年額にすると21万6,000円です。

すみれ
すみれ
我が家にとってはかなり大きな金額!

家族手当については「既婚者だけの優遇制度で、見直すべき」という意見もありますが、今のところ企業の制度見直しはあまり進んでいないようです。

103万円の壁を越えたら家族手当を返還!

夫の扶養家族である私の収入が103万円を超えると、夫の会社へ家族手当を返還する必要があります。

すみれ
すみれ
私の場合、103万円を超えても税金は殆どかからない(経費があるため)けど、家族手当(経費は考慮されない)の返還が恐怖!

夫の務める会社では、家族手当は1年単位で計算されています。

そのため、103万円の壁を越えた場合は1年分の家族手当を返還しなくてはいけません。

私は以前に、103万円の壁を越えて家族手当を1年分返還したことがあります。

がま口
扶養を抜けたら家族手当を1年分請求された!家族手当と扶養の関係妻が夫の扶養を抜けると、家族手当がもらえなくなります。私の場合はそれだけではなく、1年分の家族手当を返還しました!...

このときも家計には大ダメージを受けました。

103万円の壁が近づいてきて・・ハラハラドキドキ

今年は年末に近づくにつれ、103万円の壁も近づいてきて私はハラハラドキドキしています。

パートだったら働く時間を調整して壁を越えないように出来ると思いますが、私は収入がとても不安定な個人事業主。

思いがけずたくさん売れたり、急に売れなくなったり、予想がつきません。

売り上げが上がると嬉しい反面、「壁が・・壁が近づいてくる!」と恐怖です。

102万円稼いだらそのまま102万円もらえるのに、103万円稼いだら、家族手当を約21万円返還しなくてはいけないので、実質的な収入は80万円になっていまいます。

すみれ
すみれ
私の2ヶ月分くらいの収入が・・まさに働き損!

我が家の家計にとって、家族手当って本当に大きいんです。

家族手当を廃止して給料を上げてほしい

年末に、収入を気にしてハラハラドキドキするのは嫌なものです。

妻が稼ぐと損した気持ちになる「家族手当」は、もう廃止してもいいんじゃないかなあ、と私は思っています。

その代わり、家族がいる人もいない人も、同様に給料を上げて欲しい!

条件のある手当よりも、一律給料アップの方が嬉しいです。

そろそろ企業も制度を見直して、少しずつ変わっていくかもしれませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA