いつから始める?確定申告

確定申告
副業の収入が増えてきたり、個人事業を始めたら気になるのが税金のこと。

「確定申告ってよく聞くけど、いつから始めたら良いの?」と気になってきますよね。ここでは、確定申告を始めるタイミングについてまとめました。

確定申告とは

確定申告とは、自分の収入を正しく税務署に報告することで、所得控除の特典が受けられる制度のことです。

税金は所得に対して課せられます。所得控除が受けられるということは、その分だけ税金を免除してもらえるということ。

賢く利用して、確定申告のメリットを受けましょう。

バブちゃん
バブちゃん
めんどうくさいから、確定申告しなかったらどうなるの?
すみれ
すみれ
しなかった場合、追徴課税といって、後でたくさん税金を取られちゃうよ。

いつから始める?確定申告

バブちゃん
バブちゃん
ぼくのオムツ、たまーに売れるんだけど、確定申告した方がいい?
すみれ
すみれ
お小遣い稼ぎ程度なら、確定申告しなくても良いよ。
開業届を提出していたり、年収38万円以上なら確定申告しようね。

専業なら年収38万円以上、会社員なら年収20万円以上から

日本国民には、全員に「38万円の基礎控除」という基礎控除額が適用されています。

個人事業のみで他に所得がない場合、38万円までの所得なら基礎控除額の範囲内なので「(所得)-(基礎控除38万円)= ゼロ」となり、所得はゼロ円とみなされます。

所得が38万円を超えると収入があるとみなされ、所得税を支払う必要があります。そのため、確定申告をして所得を申告しなくてはなりません。

また、パートや正社員として会社から給与をもらっている場合には、副業の年収が20万円以上になったら確定申告が必要です。

専業の場合 副業(他に給与所得有り)の場合
年収38万円を超えたら確定申告 年収20万円を超えたら確定申告

ただし開業届を提出している場合には、所得が少なくても確定申告を行った方が良いでしょう。

青色申告の場合、事業の赤字を次年度に繰り越すことができるので、確定申告しておけば次年度以降の税金がお得になる場合があります。

確定申告の種類

確定申告には、白色申告青色申告の2種類があります。

青色申告で複式簿記(正式な記帳方法)の確定申告を行うと、65万円の所得控除を受けることができます。青色申告には、事前の申請が必要です。

白色申告で単式簿記(簡略的な記帳方法)の確定申告を行った場合は、所得控除を受けることができません。白色申告には、事前の申請が必要ありません。

詳しくは、以下の記事をご参照下さい。↓

白と青
白色申告と青色申告の違い白色申告と青色申告の違いをまとめました。どちらを選ぶべきかの参考に。...

「思いがけず売り上げが増えて、急に確定申告が必要になってしまった!」という場合もあると思います。そんなときは、事前申請が必要ない白色申告を利用すると良いでしょう。

しかし、青色申告には多くのメリットがあるのに対し、白色申告にはメリットがありません。

なるべく青色申告で確定申告できるように、事前の申請を早めに済ませておく方が良いですよ!

1月1日からの帳簿付けを始めよう

白色申告・青色申告ともに、確定申告にはその年の1月1日~12月31日までの帳簿が必要です。

年度末に「来年はどのくらいの売り上げになりそうかな?」と予想してみましょう。もし専業で年収が38万円を超えそうだったり、副業の年収が20万円を超えそうなら確定申告の準備が必要です。

確定申告の準備

確定申告に必要な準備は、以下です。

・確定申告する年の、1月1日から帳簿付けを開始する

・青色申告なら、開業届け・青色申告承認申請書を提出する

帳簿付けには、会計ソフトが便利です。簿記の知識がなくても簡単に青色申告の帳簿を作成することができますよ!↓

パソコンをする女性
無料で使えるクラウド会計ソフト確定申告をするなら、会計ソフトがとっても便利です。永年無料で使える会計ソフトや、長期間無料で使える会計ソフトをご紹介します。...

開業届け・青色申告承認申請書については以下の記事をご参照下さい。↓

開業届け
個人事業の開業届けの書き方個人事業の開業に必要な2つの書類「個人事業の開業・廃業等届出書」と「・事業開始等申告書(個人事業税)」の書き方を説明します。...
青色申告承認申請書
所得税の青色申告承認申請書の書き方所得税の青色申告承認申請書の書き方を説明します。...
すみれ
すみれ
帳簿を付けておけば「急に収入が増えてきた!確定申告しなきゃ!」という時にも安心だよ。
バブちゃん
バブちゃん
帳簿付は1月1日から!て覚えておこう

年末になって困らないように、早めに確定申告の準備をしておきましょう!