確定申告・記帳

「MFクラウド確定申告」が「マネーフォワードクラウド確定申告」に名称変更!

変更

2018年11月27日、会計ソフト「MFクラウド確定申告」の名称が「マネーフォワードクラウド確定申告」に変更されました!

すみれ
すみれ
私も使っている会計ソフトだから、ちょっとビックリしたよ。

「MFクラウド」から「マネーフォワードクラウド」へ

マネーフォワードクラウド確定申告(旧:MFクラウド確定申告)は、私が個人事業主になってからずっと使っている会計ソフトです。

とても使い易く、便利な会計ソフトです。(料金プランや使い勝手は、以下の記事でご紹介しています。↓)

パソコンをする女性
無料で使えるクラウド会計ソフト確定申告をするなら、会計ソフトがとっても便利です。永年無料で使える会計ソフトや、長期間無料で使える会計ソフトをご紹介します。...
パソコンと花
マネーフォワードクラウド確定申告(旧MFクラウド確定申告)を使って青色確定申告の帳簿を作成する方法私が使っている会計ソフトMFクラウド確定申告を使って青色確定申告するための、記帳方法を説明します。...

名称が変わってしまいましたが、料金プランやサービス内容に変更はありません

バブちゃん
バブちゃん
変わったのは名前だけなんだね!

※2019年5月10日追記:名前だけの変更だと思っていたら、2019年5月に料金プランが大幅に変更されました。確定申告機能の他に請求書やマイナンバー管理機能なども使えるようになった代わりに、料金は値上げされました。

すみれ
すみれ
零細個人事業主の私には要らない機能ばっかりだから、値上げはショックだったよ!弥生に乗り換えようかと思ったけど、マネーフォワードを使い慣れているし・・。

なぜ変わった?名称変更の理由

「MFクラウド確定申告」の「MF」は、もともと「マネーフォワード」を略したものです。マネーフォワードは「MFクラウド確定申告」というサービスを提供している企業の名称です。

今回の変更では、略称だった「MF」が企業名の「マネーフォワード」に統一されました。

変更の理由について、マネーフォワードの公式ページでは以下のように記載されています。

このたび、「マネーフォワード」という社名の生みの親でもあるコピーライターの渡辺潤平氏を、弊社クリエイティブ・ディレクターに迎えました。

現在、渡辺氏主導のもとで各領域のミッションを社内外に発信していくため、マネーフォワードグループの事業活動を改めて整理しております。

その一環として、法人向けサービス『MFクラウド』を『マネーフォワードクラウド』に名称変更させていただくこととなりました。

引用:【マネーフォワード】サービス名称変更のお知らせ

すみれ
すみれ
よくわかんないけど、サービス名を「マネーフォワード」で統一することにしたんだね。

「マネーフォワード」という名称には、「お金を前へ。人生をもっと前へ。」という意味が込められているそうです。

「お金を良い方向に動かしていこう、人生をもっと豊かにしよう。そのためのサービスを提供していこう」というのがマネーフォワードの目指すところのようです。

名前が長い・・

しかしそれにしても「マネーフォワードクラウド確定申告」ってとても長い名前ですね。慣れるまで時間が掛かりそうです。

フリープラン パーソナルライトプラン
料金 無料 11,760円(税抜)/年または1,280(税抜)/月
※30日間無料
仕訳件数 年間50件まで 無制限
利用できる確定申告の機能 仕分けデータエクスポート以外の全ての機能
(銀行連携、スマホアプリ、確定申告書作成、各種レポート)
全ての機能
(銀行連携、スマホアプリ、確定申告書作成、各種レポート)
メール・チャット・電話サポート メールのみ有り
※チャットは登録から30日間のみ
有り
※電話サポートは無し

マネーフォワードクラウド確定申告(旧:MFクラウド確定申告)は、私がずっと使っている会計ソフトです。最初の数ヶ月間は無料(仕訳50件まで無料 + 30日間無料)で使えるので、会計ソフトの導入を検討中の方はぜひ公式ページをチェックしてみて下さい。

すみれ
すみれ
弥生、freeeの会計ソフトも使ってみたけど、私が一番気に入っているのはマネーフォワードだよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA